呪術廻戦の内通者は誰?高専内の裏切者候補を徹底考察

内通者ーー。それは呪術廻戦のストーリーを魅力的に仕立て上げているひとつの要素だ。

夏油や特級呪霊達に高専の内部情報を漏洩している張本人はどの人物なのだろう?

単独犯か複数犯かも定かではないが、本記事では内通者について以下のポイントに焦点を当て考察を進めたい。

  • 内通者を疑いだした事件
  • 内通者に必要な条件
  • 内通者の候補一覧

記事を読み終えた上で「いやいやぼくはこう思うよ」と言った意見があればぜひ文末のコメント欄に書き込んでみてほしい。

呪術ファンと呪術廻戦のことで盛り上がれるのは何より嬉しいことだ。

管理人
管理人
記事内では本誌最新話までのネタバレを含みます。ご注意を!

呪術高専に内通者がいる?疑い始めた事件まとめ

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 33話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 33話

高専に呪詛師...或いは呪霊と通じている奴がいる
引用:芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 33話

内通者の存在が初めて語られたのは呪術廻戦第33話。

五条から京都校の教師である庵歌姫(いおりうたひめ)に話が持ちかけられた。内密に裏切り者を補足しようと試みる五条と歌姫だが発見には至っていない(第76話読了時点)。

ところで、そもそもなぜ五条は内通者の存在を疑い始めたのだろうか?きっかけとなった事件をまとめてみよう。

呪術廻戦の登場キャラクターまとめ【所属組織別】呪術廻戦の登場キャラクターを一挙掲載!呪術高専東京校、京都校、呪詛師、呪霊などカテゴリーを分けてまとめています。...

五条が高専に潜む内通者を疑い始めた事件

  1. 特級呪霊相手に1年3人を派遣した少年院事件
  2. 特級呪霊「漏瑚」による五条襲撃事件
  3. 特級呪霊「呪胎九相図」らの死亡連絡

特級呪霊相手に1年3人を派遣した少年院事件

2018年7月、西東京市の英集少年院の上空に特級仮想怨霊が出現、これを高専の窓(術師ではないが呪いを視認できる高専関係者)が捕捉した。

本来は特級術師が赴く任務だが、ここに高専の1年トリオ(虎杖伏黒釘崎)を派遣。未熟な学生が抜擢された理由としては特級術師の五条が出張していたこと緊急事態かつ異常事態で生存者の確認を急いでいたこと挙げられる。

また、事件後の描写で件の特級仮想怨霊は夏油らが宿儺の指1本を使って発生させたこと、その目的は虎杖に受肉した宿儺の実力確認であったことも判明。ここらで情報を整理してみよう。

少年院事件のポイント

  • 特級呪霊相手に未熟な1年3人を派遣(目論見通り?虎杖悠仁が死亡)
  • 特級術師の五条悟は出張で留守にしていた
  • 夏油らは宿儺の実力を確認しておきたかった

つまり、ここでの内通者のポイントは「五条のスケジュールを調整、把握できた」もしくは「虎杖達の派遣先を決める・調整できる権限を持っていた」と考えられる。

内通者が夏油らの目的に合わせて「宿儺の実力を確認したかった」のか高専上層部の目的に合わせて「虎杖に巣食う宿儺を抹殺したっかのか」は不明。

管理人
管理人
現段階では高専の上層部あたりが怪しいような。。次の事件も確認してみましょう!

特級呪霊「漏瑚」による五条襲撃事件

五条が夜蛾学長との会談に向かう道半ば、特級呪霊「漏瑚」による襲撃を受ける。最強術師の異名通り、実力を遺憾なく発揮した五条はなんなく漏瑚を撃退するが、高専内に内通者がいる猜疑心をさらに強める結果となった。

それでは考察を始めよう。ここで着目したいのは五条が襲撃されるまでのプロセスだ。

五条は復活した虎杖を隠している施設(高専内?)から夜蛾学長との会談へ向かう。移動手段は伊地知の車。途中で車だけ先に行かせた事で伊地知は漏瑚の襲撃を回避することに成功した。

一方、漏瑚側の視点を確認してみよう。漏瑚は夏油に特級呪物「獄門疆」を譲り受ける対価として五条悟の抹殺を提案。実際に行動に移したと思われる。

漏瑚襲撃事件のポイント

  • 漏瑚は五条を抹殺したかった(特級呪物を夏油から譲り受けるため)
  • できれば五条が単独行動中に戦いたかった(勝率が上がるため)
  • 漏瑚は五条に勝てると思っていた(五条の実力をあまり知らなかった)

こちらの事件における内通者の役割として欠かせないのは「五条悟のスケジュールを把握・調整できること」だろう。

「五条悟の実力を正確に把握していなかった」ことも要素として考えられるが、夏油があえて漏瑚と戦わせた(五条の実力を実感してもらうため?)節もあり、条件に加えるのはやや厳しい。

この時点では、五条の会談相手であった夜蛾学長や移動を担当した伊地知、もしくは虎杖復活を把握していた家入が怪しいと考える読者が多いのは疑いようもない。実際のところ、管理人もそう考える。

特級呪霊「呪胎九相図」らの死亡連絡

こちらの事件はいわゆるダメ押しである。すでに内通者を疑い始めた後に読者へその存在が印象深く示唆された。

特級呪霊「呪胎九相図」の2番と3番の兄弟が八十八橋(やそはちばし)へおつかい。その目的は宿儺の指(1本)の回収であったが偶然にも虎杖、釘崎ら高専1年と会敵。交戦の結果、2人の黒閃によって祓われることとなった。

事件は戦闘後に起こる。九相図の2人が祓われたのもつかの間、内通者から夏油へ九相図を祓った術師の情報が伝達された。

八十八橋事件のポイント

  • 戦闘直後に内通者から夏油へ連絡が入った
  • 九相図の2人を祓った術師の情報を正確に伝達

内通者さん、仕事できすぎ君かよ。「虎杖ら高専1年が九相図を祓ったことを正確に迅速に把握したこと」が内通者の条件として追加された形。

担当補助監督の新田さんが一気に内通者候補の上位へランクアップ!

管理人
管理人
ただ、もう1人の容疑者が浮かび上がってきたような...?記事のラストで管理人の考える内通者を書いておきます(なんとか最後まで読んでください)。

呪術高専の内通者の条件まとめ

呪術高専の内通者の条件まとめ

  1. 少年院襲撃時点で「五条のスケジュールを把握もしくは調整可能」もしくは「虎杖ら高専1年の派遣決定権、調整権持ち」
  2. 漏瑚襲撃時に「五条のスケジュールを把握もしくは調整可能」
  3. 「八十八橋での戦闘結果を正確に把握可能」「夏油にすぐに連絡が可能」

まとめると内通者となる人物にはこれだけの条件が求められる(単独犯の場合)。

ぶっちゃけて言うと、内通者さん仕事しすぎじゃない?ここまであからさまに敵方に情報が漏れていると、「内通者がいますよ」と言わんばかりである。

高専内部に潜み、縦横無尽の動きを見せるそんな内通者は一体だれなのか?次章からは候補者をリストアップし、それぞれの内通者足り得る可能性を探っていきたいと思う。

管理人
管理人
まずは管理人の考える内通者候補一覧をピックアップ↓

呪術廻戦の内通者は誰だ?高専内の裏切者候補リスト

高専内の裏切者候補リスト

  1. 夜蛾正道(東京高専学長)
  2. 家入硝子(医師)
  3. 伊地知潔高 (補助監督)
  4. 新田明 (補助監督)
  5. 三輪霞 (京都高専2年)

呪術廻戦の内通者が夜蛾学長の場合

呪術廻戦の内通者として度々名前が挙がるのが夜蛾正道学長だ。ぶっちゃけ管理人もかなり怪しいと考えている。

学長という立場から、任務に派遣する学生のコントロールや五条のスケジュールを把握・調整するのはかなり容易だろう。

ただ、八十八橋での戦闘結果を即座に受け取り、夏油に伝達できるか?と問われればやや疑問が残る。

少なくとも高専1年生→新田(補助監督)→夜蛾学長と2ステップが必要であることを踏まえると、わずかだが容疑者の可能性が低くなったと言えよう。

管理人
管理人
怪しさレベル80点くらい?傀儡呪術でぬいぐるみ系の呪骸を八十八橋に偵察に出していればあるいは...

呪術廻戦の内通者が家入医師の場合

内通者の候補として、夜蛾学長の対抗馬に名前が挙がるのが家入硝子だ。五条とは学生時代の同級生であり現在は東京高専の医師として勤務している。

虎杖の復活を把握していた数少ない人物であり、各戦闘終了時には術師の治療を担当することで戦闘結果も確認できる人物だ。

結論を先走ってしまうと、呪術廻戦図書室の管理人はこの家入硝子こそが内通者ではないかと疑っている。

少年院事件時も五条悟の出張を把握し、漏瑚襲撃時も五条の移動ルートを把握するのは容易いだろう。

また、八十八橋の戦闘直後、釘崎から連絡が入ることを匂わせる描写もあるため九相図を祓ったのが虎杖悠仁ら高専1年であることもすぐさま確認できる。

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 63話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 63話

その後夏油さんにチョチョっと連絡すれば内通者の出来上がりだ。

五条さんは家入さんの携帯の送受信履歴から確認してみてはどうだろうか(シロだった場合100%嫌われるけど)。

呪術廻戦の内通者が伊地知補助監督の場合

夜蛾学長同様、内通者候補として名前がよく挙がるのが伊地知補助監督だ。

この手のポンコツキャラが豹変した時のインパクトは計り知れないため、マンガとしての魅せ方を考慮すると候補者リストに含めずにはいられない。

実際のところ、序盤ではかなり怪しい動きを見せている。高専上層部の言いなり(?)によって虎杖らを少年院に派遣したのも伊地知、五条が漏瑚に襲撃される前に車での移動を担当していたのも伊地知である。

ただ、八十八橋での一件で内通者としての可能性は随分と低くなったように感じられた。

なぜなら九相図達との戦闘結果をすぐに夏油に伝達できる立場にいなかったからだ(もちろん冥冥の術式を活用した複数犯なら可能性もグッと高まるが、第63話にて五条に買収されるシーンがあるため候補者として除外、伊地知との複数犯説も一旦取り消した)。

呪術廻戦の内通者が新田補助監督の場合

補助監督の新田さんにも内通者としての容疑がかかっている様子だ。

京都高専との交流会終了後に出てきた新キャラの新田さん、疑いがかかったのは八十八橋の任務に付き添ったからに他ならない。いわゆるとばっちりである。

とは言え、九相図達との戦闘直後に虎杖ら高専1年ズと最も早く合流した人物であり夏油への迅速な情報共有の候補者として名前が挙がるのはある意味必然だろう。

ただ、少年院事件や漏瑚による五条襲撃時に五条のスケジュールを把握できたか?と考えるとやや可能性が低くなる。

それでも伊地知や夜蛾との複数犯説は捨てきれず今回ピックアップさせていただいた。個人的にはかなり好きなキャラであるため、内通者であった場合は管理人が激しくショックを受けることは間違いないっス。

呪術廻戦の内通者が三輪2年生の場合

交流戦真っ只中でも「タピオカってそんなに美味しいか?」と思想に耽る三輪2年生。

京都高の楽厳寺学長の付き人であり、それなりに信頼を勝ち取っている様子から「五条悟のスケジュールくらい上から知らされている可能性がある」もしくは「五条の大ファンであるため行動計画を常に把握している」といった多少強引な仮説をもとに内通者リストに潜り込んだ。

件のタピオカの発言も0巻に登場した夏油派の幹部である美々子と菜々子との会話を思い出して返答したのでは?と鋭い考察も散見されるが、八十八橋の一件を踏まえると少なくとも単独犯での内通者としては可能性が低いと言えるだろう。

管理人
管理人
各容疑者に関する考察は以上。続いて「これは!」と膝を叩いた鋭いコメントをいくつかご紹介↓

呪術廻戦の内通者に関する面白い考察

管理人
管理人
非常に早い段階から内通者の存在を予想していた方のコメント。やはり高専上層部も一枚噛んでる?

管理人
管理人
虎杖が宿儺の指を取り込んでいる本数でカマをかける説、これは大いにありえるなと。物語の核心そのものとなるキーアイテムに関する認識のズレをついたトリック。これは発覚した時のカタルシスが激しいでしょうな。

呪術廻戦の内通者は誰?管理人の予想はこいつだ!

呪術廻戦の内通者は誰?管理人の予想はこいつだ!呪術廻戦の内通者は誰?管理人の予想はこいつだ!

呪術高専の内通者はこいつだ!

  • 管理人は家入硝子が内通者と予想
候補少年院漏瑚
襲撃
八十八橋
戦闘直後
内通者の
可能性
夜蛾
家入
伊地知
新田--
三輪-

 

本記事では呪術廻戦の内通者を特定すべく、明らかになった情報を元に考察を進めた。結果的に第76話時点では管理人は内通者が「家入硝子」医師であると予想。

五条悟のスケジュールを取得、漏洩可。八十八橋の戦闘結果を迅速に把握、夏油に連絡可能といった要素が理由となる。

もちろん、本編が更新され次第、この考察結果は書き換わっていくだろう。時間を置いて再度遊びに来ていただきたい。

また、あなたの考える内通者やその理由があればぜひコメント欄に書き込んでほしい。何度でも書くが、呪術廻戦について呪術ファンと盛り上がることが何よりも楽しいのだから。

 

呪術廻戦の最新ネタバレ一覧はこちら

呪術廻戦のネタバレと感想一覧呪術廻戦のネタバレ感想記事は、毎週のジャンプ発売日時点での最新情報を元にお届け。 後日読み返す際には「この時はこんな風に考えていた...
この記事のタイトルとURLをコピーする✔︎