呪術廻戦のキャラクター

【呪術廻戦】粟坂二良(あわさかじろう)のプロフィール・術式を解説

awasaka

本ページでは渋谷事変にて帳を守護していた呪詛師粟坂二良あわさかじろうを徹底解説。

プロフィールや術式の詳細など気になる箇所だけでもご一読を!

粟坂二良解説ページの目次

管理人
管理人
粟坂二良と縁の深いキャラクターはこちら⬇︎

【呪術廻戦】粟坂二良(あわさかじろう)のプロフィール

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 94話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 94話
呪術あべこべ
発動中は強い攻撃ほどダメージが少なく、弱い攻撃ほど大きなダメージを受ける
あべこべにできる上限と下限がある
呪力なしの攻撃なら上限高め
備考一人っ子。
病気がちな母に贅沢をしてほしくて大金を稼ぐために呪詛師となった。みたいな嘘を平気でつく。
五条悟の封印をきっかけに活動を開始した呪詛師のひとり。
虎杖と伏黒の華麗なコンビネーションの前に沈む。

 

粟坂二良は偽夏油にて雇われた腕利きの呪詛師。渋谷事変にも参戦しオガミ婆・孫とともに「術師を入れない」帳釘の守護を担当。

虎杖伏黒コンビを相手に術式を駆使して奮闘するも流麗なコンビネーションに対応しきれず敗北。帳釘を破壊されてしまう。

全術師の中では珍しく「タネが割れると弱い術式」。積極的に術式の開示を行う術師が多い中、己の術式をひた隠しにするも伏黒によって看破されてしまった。洞察力の高い術師とは相性が悪い様子。

賞金ほしさに五条悟(幼少期)を狙うもファーストコンタクトで彼我の差を認識。世界の均衡バランスが変わってしまったことを知覚し命を拾うことに成功した(ビビって中止した)。

57
【呪術廻戦】伏黒恵(ふしぐろめぐみ)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦のメインキャラクター伏黒恵のプロフィールや術式は?十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)や領域展開もすべて解説!...

【呪術廻戦】粟坂二良(あわさかじろう)の術式 あべこべ

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 97話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 97話

粟坂二良の術式は「あべこべ」。術式の詳細は以下の通りだ。

あべこべ

  • 術式発動中、粟坂に当たる攻撃は強いほど弱く、弱いほど強くなる
  • あべこべにできる上限と下限がある
  • 規格外(条悟)の攻撃は弱くしきれない
  • 空気抵抗などの弱すぎる攻撃も対象範囲外

地上41階屋上からの落下ダメージや虎杖の殴打を無力化できるなど、あべこべの上限値はかなり高い。呪力による肉体強化と合わせることで非常に高い防御力を実現できる。

一対一での格闘戦にはうってつけの術式だが、集団戦などで強弱の攻撃を織り交ぜられるととたんに苦しくなる。

また、攻撃用の術式もないため中距離〜遠距離を得意とする相手とも相性が悪いだろう。

character
呪術廻戦の登場キャラクター一覧【所属組織別】呪術廻戦の登場キャラクターを一挙掲載!呪術高専東京校、京都校、呪詛師、呪霊などカテゴリーを分けてまとめています。...
この記事のタイトルとURLをコピーする✔︎

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA