【注目動画】ナナミンが好きなあなたへ。
呪術廻戦のキャラクター

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)のプロフィール・術式を解説

57

本ページでは呪術廻戦のメインキャラクター伏黒恵を徹底解説。「プロフィール」「術式」「強さ」など気になる箇所だけでもご一読を!

ナズナ
ナズナ
伏黒恵と縁の深いキャラクターはこちら⬇︎

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)のプロフィール

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 57話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 57話
学年1年
身長175cmくらい(成長中)
誕生日12月22日
等級2級(昇級査定中)
呪術十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)
領域展開VS八十八橋の特級呪霊戦で修得
嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)
声優内田雄馬さん
イメージ
ソング
宇宙人「白日夢」
Weezer「Island In The Sun」
備考影を媒介として式神を顕現する
両手で影絵を作るのが召喚条件
近・中・遠距離に弱点のないオールラウンダー
伏黒津美紀の義弟

 

伏黒恵は呪術高専入学時から2級術師として活躍する天才術師。自身の影を媒介にする式神使い。

小1の時に父親(禪院家出身)が蒸発、恵自身は禪院家に売られそうになるが五条悟の働きかけにより「恵が将来的に呪術師として働くこと」を担保に高専から金銭的援助を取り付けて帳消しにした。

芥見先生によって一億の資金洗浄を一ヶ月で終わらせた謎設定が付与される可能性もあった(自分より頭のいいキャラを描くのは難しいので中止したとのこと)。

禪院家相伝の「十種影法術とくさのかげぼうじゅつ」を修得するだけでなく、幼少時代からの五条悟による指導が大きな成長を促したと考えられる。

杉沢第三高校にて虎杖悠仁と遭遇。両面宿儺の指を中心に、伏黒恵の呪術師としての運命が一層激しく廻り始めた。自分の良心に従って人を助けることを信念としている。

11
五条悟(ごじょうさとる)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦の最強術師「五条悟」について徹底解説!プロフィールや無下限呪術の各術式、領域展開まで幅広くまとめています。...

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の術式は十種影法術

 

ナズナ
ナズナ
YouTubeではアニメーションを交えて十種影法術をわかりやすく解説しました!ぜひご覧ください!

十種影法術の基本情報

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話

伏黒恵の術式は禪院家相伝の「十種影法術(とくさのかげぼうじゅつ)」。

影を媒介として10種類の式神を召喚して戦う。

  • 同時に顕現できるのは2体まで
  • 顕現と個別能力の発動で別途呪力を消費
  • 完全に破壊された場合は二度と顕現出来ない
  • しかし破壊された式神の遺した術式と力は他の式神に引き継がれる

といった誓約あり。また、伏黒本人が大きなダメージを喰らうと出現させていた式神が強制解除されるため、継戦を重視する場合は中〜遠距離での立ち回りが基本となる。

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 46話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 46話

ただ、一般的な式神使いとは異なり伏黒本人の近接戦闘力が高いばかりか、あらゆる呪具を自身の影の中から出し入れすることや、対象者の一部(接近戦を挑んできた敵の足など)を影の中に沈み込ませるトラップとしての活用も可能。呪具使いの禪院真希に重宝されている。

よって近・中・遠距離どこでも立ち回れるオールラウンダーであり、八十八橋での戦闘においては不完全ながらも領域展開に成功するなど実力の高さを見せつけた。

47-2
禪院真希(ぜんいんまき)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦に登場する姐御キャラ「禪院真希」を徹底解説。呪具での戦闘に長けた彼女の基本情報や強さをまとめてお届け!...

十種影法術の10種の式神を解説

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 47.5話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 47.5話
伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の十種影法術
1玉犬(・黒)6脱兎
2蝦蟇7???
3大蛇8???
49???
5満象10布瑠部由良由良ふるべゆらゆら
 八握剣やつかのつるぎ
異戒神将いかいしんしょう
魔虚羅まこら
拡張不知井底  

 

十種影法術 式神1. 玉犬(ぎょくけん)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 6話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 6話
芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 36話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 36話

伏黒恵の十種影法術の中では使い勝手がよく使用頻度の高い式神。白・黒の2匹編成で索敵やマーキング、噛みつきなど攻撃も可能。

少年院にて特級呪霊(宿儺の指1本分)と遭遇した際に玉犬「白」は完全に破壊されてしまったため二度と顕現することができない

しかし、玉犬「白」の遺した術式と力は玉犬「黒」に引き継がれ、「渾(こん)」として姿を表す。

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 47話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 47話

白の術式と力が黒に引き継がれており、特に敏捷性と攻撃力が底上げされている描写が多い。

防御力の高さがウリである特級呪霊「花御」に対して弱点部位である両目の樹以外にもダメージを与えた。玉犬「黒」と任意の出し分けが可能。

43-2
花御(はなみ)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦の特級呪霊【花御(はなみ)】を徹底解説。プロフィールや多彩な生得術式・強さなど気になる情報をまとめてお届け!...

十種影法術 式神2. 蝦蟇(がま)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 7話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 7話

少年院にて釘崎の救出・渋谷事変では禪院甚爾(孫)の攻撃を回避する用途で使用された式神。舌を伸張させることで中〜遠距離での攻撃、捕縛が可能。

蝦蟇単体で使用されることは少なく、後述の拡張術式「不知井底」として顕現することが多い。

66
【伏黒父】禪院甚爾(ぜんいんとうじ)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦に登場する天与呪縛のフィジカルギフテッド【伏黒父・禪院甚爾ぜんいんとうじ】を徹底解説。プロフィールや術式、相対的な強さなど気になる情報をまとめてお届け!...

十種影法術 式神3. 大蛇(おろち)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話

蛇の式神。蝦蟇とともに少年院にて使用された。

ひと1人丸呑みできるほどの体躯。俊敏に動き噛みつきで攻撃する。

釘崎救出に一役買ったがその後の両面宿儺(宿儺の指3本分)との戦いで完全に破壊された。

61-1
釘崎野薔薇(くぎさきのばら)のプロフィール・術式を解説呪術高専1年の紅一点【釘崎野薔薇(くぎさきのばら)】のプロフィールや術式情報をまとめてご紹介。芻霊呪法など釘崎の呪術を知りたい方は必見。...

十種影法術 式神4. 鵺(ぬえ)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 44話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 44話

帯電する翼を携えた飛行可能な式神。伏黒の移動手段としても用いられる。

攻撃がヒットした相手に短時間の麻痺効果を付与。玉犬とともに使い勝手がよく、使用頻度が高い。

十種影法術 式神5. 満象(ばんしょう)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 44話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 44話

京都校との交流会にてお披露目した象の式神。伏黒いわく「呪力を食うので単体でしか使えない」。

圧倒的な水量を口から吐き出すことで攻撃する。室内で発動すれば水量で相手を押し流すことも可能(放水を使わなければ消費呪力は少ない)。

バトルフィールドの転換をスムーズに行う特殊ユニット。よほど上手く当てない限り水の攻撃力には期待できないため使い所が限られるだろう。

真希いわく、水量は戴天した陀艮の術式には劣るとのこと。

16
陀艮(だごん)のプロフィール・術式を解説呪術廻戦に登場する陀艮(だごん)を徹底解説。海の特級呪霊のプロフィールや術式、強さなど気になる情報をまとめてお届け!...

十種影法術 式神6. 脱兎(だっと)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 96話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 96話

渋谷事変の粟坂たぬきジジィ戦と禪院甚爾戦にて抜擢された兎の式神。

満象とは真逆で、数で揺動するタイプ。個別の攻撃力はやや弱いものの「たいあたり」を修得している。

また、大量に発生させた脱兎を敷き詰め包囲することで相手の視界を塞ぐことも可能。

粟坂戦にて術式看破のきっかけとなり、それに伴う作戦立案の時間確保として機能した。

十種影法術 式神10. 布瑠部由良由良 八握剣 異戒神将 魔虚羅(ふるべゆらゆら やつかのつるぎ いかいしんしょう まこら)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 9話

布瑠部由良由良は伏黒恵の最後の切り札。

両面宿儺や八十八橋の特級呪霊など、格上相手に幾度か発動を試みるも機会を逃し、渋谷事変のサイドテール戦で初の顕現に至った。

正式名称は「布瑠部由良由良 八握剣やつかのつるぎ異戒神将いかいしんしょう魔虚羅まこら」。歴代十種影法術師は誰1人この式神を調伏できていない。

少年院での両面宿儺戦では、発動直前に「もう呪力がーー」と内心を吐露していたため、調伏するための召喚では呪力がほとんど必要ないと考えられる。

呪術廻戦119話にて「初見の技にて適応前に屠る」ことが唯一の魔虚羅の破り方であると開示された。渋谷で会敵した宿儺の炎に適応できず、背部の法陣のみを残して消滅。

ナズナ
ナズナ
呪術廻戦118話で開示された摩虎羅の能力を追記⬇︎

詳細は呪術廻戦118話のネタバレ感想・考察記事へ

jujutsukaisen-118-image
呪術廻戦のネタバレ感想・考察118話!魔虚羅討伐の鍵は法陣の破壊?呪術廻戦118話のネタバレ感想・考察をまとめてお届け!開示された魔虚羅の能力。再び放たれた本物の呪術。万死の厨房は最強の式神を切り裂けるか??(週刊少年ジャンプ2020年38号掲載話)...

十種影法術 拡張術式1. 不知井底(せいていしらず)

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 17話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 17話

十種影法術の蝦蟇(がま)と鵺(ぬえ)をベースに伏黒が勝手に作った式神。

いくら破壊されても問題ないため、威力偵察や相手の実力を測る際に「とりあえず顕現させて大まかなサポートをさせる」には最適。明言はされていないが同時に顕現できる不知井底は3匹まで?

蝦蟇か鵺が完全に破壊されると不知井底も使用不可となる。

十種影法術の調伏を解説

十種影法術の調伏に関する詳細情報は以下の通り。

  • 相伝者には2匹の玉犬が与えられる
  • それ以外の式神(最大10種類)を使役するには術師と玉犬での調伏(戦闘して討伐する)が必要
  • 複数人(十種影法術師と誰か)でも調伏可能
  • 複数人で調伏した場合、その後調伏は無効となる
  • 未調伏の式神は、調伏目的ならいつでも呼出可能
  • 呼び出した時点で対象範囲内に存在する術師が式神を倒せたら調伏完了
  • 対象術師が全滅してしまった場合、調伏の儀は終了となる
  • それ以外の術師が倒すと調伏の儀はなかったことになる
ナズナ
ナズナ
魔虚羅のレイドバトル強制参加はかなり凶悪…!!

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の領域展開

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 58話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 58話

伏黒恵の領域展開嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)。

八十八橋の特級呪霊相手に展開した不完全な領域。地面を黒い水(影)で満たすことで地中から蝦蟇や小型の鵺など、あらゆる式神を召喚することが可能。

特級呪霊の全方位攻撃によって消し飛ばされたが、伏黒本人が呪霊の影に潜むことに成功。不完全とはいえ領域展開が単独での特級呪霊撃破へ大きな布石となった。

渋谷事変では陀艮の蕩蘊平線への突入や脱出口の確保などに使用。本来必殺技としての色が強い領域展開を惜しげも無く味方のアシストに活用した。

恵曰く、渋谷事変時点では「俺のはまだ相手を閉じ込める程よくできちゃいない」とのこと。今後の更なる成長に期待したい。

Jujutsukaisen-Ryoiki
呪術廻戦の領域展開・簡易領域・領域展延とは?術者と領域一覧呪術廻戦でたびたび登場する【領域展開】とは?定義や特徴と合わせて発動に成功した術師と領域を一覧で紹介。...

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)の強さは46点

呪術廻戦キャラクターデータブック②伏黒恵呪術廻戦キャラクターデータブック②伏黒恵

伏黒恵の主な戦歴

  • △ 伏黒VS加茂 △
  • ×  伏黒VS花御 ●
  • ● 伏黒VS八十八橋の特級呪霊 ×

十種影法術とあらゆる呪具の取り寄せにより、多種多様な戦い方ができるのが伏黒恵の強み。

単独での近距離戦ではもちろん、仲間と組んでの中距離からの援護能力も抜群だ。

普段は無愛想な印象が強いが、粟坂たぬきジジィ戦では初見の術式を看破するなど頭の回転も早く、戦闘面では非常に頼りになる存在。

jujutsukaisen-97
呪術廻戦のネタバレ感想・考察97話!恵の残呪力は50%程度?呪術廻戦97話のネタバレ感想・考察をまとめてお届け!虎杖と伏黒が華麗なコンビネーションで粟坂たぬきジジィを撃破!一方イノタク先輩は..(週刊少年ジャンプ2020年14号掲載話)...

伏黒恵(ふしぐろめぐみ)イラストアイコン

JujutsukaisenCharacter
呪術廻戦の登場キャラクター一覧【所属組織別】呪術廻戦の登場キャラクターを一挙掲載!呪術高専東京校、京都校、呪詛師、呪霊などカテゴリーを分けてまとめています。...

この記事へのコメント

  1. ななし より:

    不死井底じゃなくて不知井底

    • 呪術廻戦図書室管理人 より:

      ななしさん、コメントありがとうございます!とても助かりました!

  2. 匿名 より:

    7巻の宿儺の指を食べた呪霊戦での五条との回想シーンで「君のおくの手のせいかな、最悪自分が死ねば全て解決できると思っている」とありますがおくの手ってなんですかね?

    • 呪術廻戦図書室管理人 より:

      コメントありがとうございます!伏黒が八十八橋の特級呪霊を相手に途中まで詠唱していた「布留部(ふるべ)〜」が奥の手であると推察されます。

      Wikipediaによれば布瑠の言(ふるのこと)は「死者蘇生の言霊」「死人さえ生き返るほどの呪力を発揮する」とのこと。伏黒が常用している十種影法術とは別種の必殺技なのではないでしょうか。7巻の回想シーンにおける五条のセリフも踏まえると、発動と同時に(技を放った後に?)伏黒が死んでしまうリスクがあるのでしょう。ちなみに少年院で両面宿儺と対峙した際(2巻9話)では「布留部 由良由良(ふるべゆらゆら)」とも詠唱していましたね。ヒントになれば幸いです!

  3. ただの猿 より:

    どうやら十種影法術には十種神宝の模様があるみたいです(wiki調べ)
    八握剣(?)はその(八握剣)模様を持つ式神とかなのかもしれませんね。
    玉犬(白)には「道反玉」、(黒)には「死反玉」、(渾)には2つを複合したような形がありました。
    これは丸が3つという特徴だけの一致なので推測の域ですが、、、
    大蛇には「生玉」に似たようなものが頭にありました。
    これも形の感じが似ているってだけの推測ですが。
    蝦蟇には「羸都鏡」のマークが胸にあります。また、不知井底の胸にも確認できました。
    満象の頭には「邊都鏡」のマークがありました。
    鵺、脱兎からは見つけられませんでした。

    ネットで調べただけなので「ほんとぉ??」ってかんじです。
    既にコメントしてあったり既知の事だったりしたら申し訳ございません。
    これからもますますの発展とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
    長文失礼いたしました。

    • 呪術廻戦図書室管理人 より:

      ただの猿さん、コメントありがとうございます!また、十種影法術が十種神宝(とくさのかんだから)をモチーフにしている可能性について、ご教授いただきありがとうございます!八握劔(やつかのつるぎ)も神宝に含まれていることから、恵が発動を試みた布瑠部由良由良も十種影法術の一種なのかもしれませんね。

      十種神宝についてはこちらのサイトも詳しかったです▶︎十種神宝とは

  4. 通りすがり より:

    考察というほどのものでもないのですが、”布瑠部由良由良”の部分は”調伏の儀”の詠唱句(式神を呼び出す祝詞?)で、”八握…”以降が式神の名前なのではないかと思います。

    • 呪術廻戦図書室管理人 より:

      通りすがりさん、コメントありがとうございます!
      なるほど、おっしゃる通りかもしれませんね!ご教授いただきありがとうございます!

  5. ばなな より:

    プロフィールの術式部分に布瑠部書いた方がいいのでは?

    • 呪術廻戦図書室管理人ナズナ より:

      ばななさん、素敵なアドバイスありがとうございます!!

      布瑠部については確定的な情報が少ないと感じており、もう少し術式内容が開示されてからまとめて追記予定です。ご理解いただけますと幸いです…!!

      • ばなな より:

        こちらこそ分かりやすい返信ありがとうございます!  確かにあまり情報がない(さらなる術式の説明がありそうなので)と駄目ですね

  6. Nena より:

    全ての式神が完全に破壊された場合、術師本人に能力が受け継がれるのでは?とふと思った。
    宿儺の目的がそうなった状態の伏黒なら、摩虎羅を味見と言った意味もわかる

    • 呪術廻戦図書室管理人ナズナ より:

      Nenaさん、コメントありがとうございます!

      >>全ての式神が完全に破壊された場合、術師本人に能力が受け継がれるのでは?とふと思った。
      これは鋭い考察ですね!ナズナにはなかった発想です。共有いただき本当にありがとうございました!

この記事へコメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

投稿いただいたコメントは管理人のチェック後に反映されます。日本語が含まれないコメントは自動的に無視されますのでご注意ください(スパム対策)。