呪術廻戦のネタバレと感想

呪術廻戦のネタバレ・感想73話!五条パーティー全滅?

本記事では、週刊少年ジャンプ2019年40号掲載、呪術廻戦73話のネタバレを含みます!閲覧する際はご注意を!

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話

謙遜してるつもりはないけれど自虐で相手を困らせてしまうことが多々あります。(下々)

管理人
管理人
このエピソード、単行本の幕間で描かれそう。

前週公開の呪術廻戦72話のネタバレはこちら。

呪術廻戦のネタバレ・感想72話!暴虐の限りを尽くす伏黒パパ本記事では、週刊少年ジャンプ2019年39号掲載、呪術廻戦72話のネタバレを含みます!閲覧する際はご注意を! 過去編と夏の暑さ...

呪術廻戦ネタバレ73話!あらすじ要点まとめ

呪術廻戦73話あらすじ要点まとめ

  • 天与呪縛の情報を開示して能力を底上げするパパ
  • 夏油たちを残穢ではなく臭いや足跡で追跡したことが判明
  • 黒井さんは「多分死んでる」
  • 物を格納できる呪霊の取り込みに失敗する夏油
  • 夏油は致命傷を負うも命までは奪われず
  • 伏黒恵の名前の由来が判明

あらすじについてはざっくりとまとめる。

冒頭は伏黒パパがなぜ夏油たちの元までたどり着けた理由が丁寧に解説された。残穢に注意していた夏油だったが、伏黒パパは夏油らの臭いや足跡を追跡材料にしていたことが判明。ここは経験の差が出た形だろう。

さらに伏黒パパは自身の術式情報(呪力ゼロの天与呪縛)を小出しにする。術式の開示で能力の底上げに成功した(呪力ゼロでも情報の開示って成り立つ?)。

伏黒パパによれば星漿体(天内理子)の世話役、黒井メイドの生死は不明。もし生存している場合でも致命傷は間違いないだろう。

ポケモンマスターこと呪霊操術師の夏油は初手から最高高度の龍と仮想怨霊を繰り出す。しかし、伏黒パパの巧みな武器の入れ替え(呪力を強制解除する天逆鉾含む)によって2体とも撃破され、本人は致命傷を負う始末。

今話の敗北に至るまでの主要因としては「伏黒パパの武器庫(物を出し入れできる呪霊)」の取り込みに失敗したこと」が挙げられる。次章ではこの点について焦点を当ててみたい。

呪霊操術師の死後は取り込んでいた呪霊がどのような動きをするか不明(ハンターハンターの「死後の念」に近い形か?)。夏油は一命を取り留めると同時に現代編で非術師を「猿」と忌み嫌う理由も判明した。

管理人
管理人
伏黒恵の名前の由来は「親に恵まれている」とのこと。パパの自意識の高さには脱帽です。
【呪術廻戦】伏黒恵(ふしぐろめぐみ)のプロフィール・術式まとめ呪術廻戦に登場する伏黒恵(ふしぐろめぐみ)のキャラクター紹介。術式や領域展開など気になる情報をまとめてお届けします。...

呪術廻戦ネタバレ73話!管理人の感想

呪術廻戦73話!管理人の感想まとめ

  1. 呪力ゼロの天与呪縛でも術式の開示で能力の底上げが可能
  2. 夏油が呪霊の取り込みに失敗した理由

呪術廻戦73話で特に気になったは上記の2点だ。

呪力ゼロの天与呪縛でも術式の開示で能力の底上げが可能

天与呪縛とは自らが自らに科す縛りとは異なり、生れながら肉体に強制された縛りのこと 呪術廻戦用語集より

73話時点で天与呪縛が判明しているのは3名。メカ丸、禪院真希、そして伏黒パパだ。

高専交流会にてメカ丸がパンダ相手に天与呪縛の術式開示に成功したことを覚えている方も多いだろう。一方で真希には術式開示による能力底上げシーンはない。

結局のところ、呪力を持っていなければ術式の開示をしたところで能力が底上げされることはないのかと思い込んでいたがそんなことはなかった。

伏黒パパの例によってフィジカルギフテッドの天与呪縛組も術式の開示が有効であることが判明。つまり禪院真希も話術を磨いて術式情報を小出しにできた場合に限ってさらに驚異的な身体能力を発揮できるようになるはずだ。

「術式の開示による能力の底上げ」という秀逸な設定のおかげで、術師は戦闘術に加え巧みな話術が求められる時代。オシャレな設定です芥見先生。

管理人
管理人
逆に言えば、戦闘が長引くほど能力を底上げされてしまうため奇襲や初見殺しの類の呪術は重宝されますね。
【呪術廻戦】禪院真希(ぜんいんまき)のプロフィール・術式まとめ【呪術廻戦】禪院真希(ぜんいんまき)のプロフィール 学年 2年 等級 4級 呪術 呪力ゼロの...

夏油が呪霊の取り込みに失敗した理由

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話

呪術廻戦73話では夏油が伏黒パパの武器庫呪霊の取り込みに失敗した。その理由を考えてみよう。

  1. 武器庫呪霊の階級が思ったより高かった
  2. 武器庫呪霊が呪霊操術では取り込めない縛りを持っていた
  3. 第三者が呪霊操術では取り込めない縛りをかけていた
  4. 天逆鉾の効果範囲内で呪霊操術が強制解除された

有力なのはこのあたりか。今話で判明した通り、そもそも呪霊操術が降伏を省いて取り込めるのは2級以上の差がある場合のみ。

夏油は武器庫呪霊を3級相当と分析したが、本来は1級・2級レベルの呪霊であったため、強引な取り込みに失敗したとも考えられる。

もしくは専用の縛りによって、あらかじめ呪霊操術による取り込みを対策していた可能性も見過ごせない。

伏黒パパは(ミスリードでなければ)呪力ゼロであるため縛り主としては選択肢に入らない。残るは呪霊自身の縛り(伏黒パパが死ぬまで他人に従うことができないなど)か第三者(武器庫呪霊の貸出主)による縛りと考えるのが妥当だろう。

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 13話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 13話

呪術廻戦13話の真希のセリフも考慮して総合的に考えると「武器庫呪霊の階級が思ったより高かった(武器庫呪霊は飼いならすのが難しいレアタイプ)」ため夏油の取り込みは失敗したとも考えられる。

ただし、呪術廻戦第0巻では夏油が武器庫呪霊を使役するシーンがあるため、過去編において何らかの形でゲットする可能性は高い。来週あたりに判明するかな。

管理人
管理人
天逆鉾の効果による強制解除だったら効果範囲が広すぎる印象。でも特級呪具だしな。。
呪術廻戦の呪具とは?作中で使用された武器まとめ呪術廻戦の呪具とは?初めから呪いが篭もった武器 呪具とは初めから呪いが篭もった武器 呪力を宿していない人間でも使うこ...

呪術廻戦ネタバレ73話の感想まとめ

管理人
管理人
真希センパイちょっと口下手な印象あるからなぁ。笑

管理人
管理人
「強化系のゴリ押しが強い」理論、ほんとにしっくりきましたわ。

管理人
管理人
五条、夏油、天内、黒井の全員が致命傷もしくは生死不明。今回の任務は負けイベントだった...?

呪術廻戦のネタバレ・感想73話!五条パーティー全滅?まとめ

芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話芥見下々先生 / 呪術廻戦 / 73話

呪術廻戦73話あらすじ要点まとめ

  • 天与呪縛の情報を開示して能力を底あげするパパ
  • 夏油たちを残穢ではなく臭いや足跡で追跡したことが判明
  • 黒井さんは「多分死んでる」
  • 物を格納できる呪霊の取り込みに失敗する夏油
  • 夏油は致命傷を負うも命までは奪われず
  • 伏黒恵の名前の由来が判明

管理人が特に気になったポイント

  1. 呪力ゼロの天与呪縛でも術式の開示で能力の底上げが可能
  2. 夏油が呪霊の取り込みに失敗した理由

73話のラストを見るかぎり、来週あたりに五条さんが復活か?

呪術廻戦74話のネタバレはこちら。

呪術廻戦のネタバレと感想一覧呪術廻戦のネタバレ感想記事は、毎週のジャンプ発売日時点での最新情報を元にお届け。 後日読み返す際には「この時はこんな風に考えていた...
この記事のタイトルとURLをコピーする✔︎
【お知らせ】呪術廻戦図書室のLINE@を作りました!
友だち追加

ブログの更新をLINEでお知らせ

読みたい記事のリクエストもOK

※管理人にメッセージを送らない限りはあなたのアカウントは全く分かりません。安心してご登録ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA